Top >  当サイト使用の専門用語の解説 >  液状化

液状化

液状化とは、
埋立地などの軟弱地盤が、大地震によって一時的にゆるくなり、
マンション等が傾く現象です。



 液状化の被害

液状化になると、建物が傾き、道路も陥没します。

ライフライン(電気・水道・ガスなど)も壊滅します。

液状化は、時間が経つと元通りになりますが、

ライフラインの復旧には、かなりの時間がかかりますので、

最悪、被害の起きた建物に人が住めない状態になります。



 液状化はどこで起きる?

液状化は海沿いの埋立地で起きるイメージが強いのですが。

実は内陸部でも、液状化は起きます。

元々、沼地や窪地だった場所は要注意です。

大地震が来れば、地盤がぐにゃぐにゃになり、建物は傾きます。

         

当サイト使用の専門用語の解説

関連エントリー

液状化
団体信用生命保険
重要事項説明書
修繕積立費