Top >  マンション業界の真実 >  公開抽選の裏側。

公開抽選の裏側。

公開抽選の裏側をご紹介します。

まずはっきり申し上げます。公開抽選は平等ではありません。

抽選が始まる前から、当選する方はほぼ決定しています。

営業マンが、当選させたい方を、優先的に当選させるシステムです。



 ダミー登録

公開抽選は不動産会社が当選させたい方を、優先的に当てるようになっています。

当選させたい方を、当選させるための仕組みが、

「ダミー登録」と呼ばれる、便利なものなのです。


例えば、公開抽選の場で倍率5倍の部屋があるとします。

1つの部屋に、5人の応募者がいるので、当たる確立は1/5です。

応募者はかなり厳しい・・・・・(^^;) と思うかもしれません。

しかし、応募者がお金持ちのお客さんだった場合、

この時点で、当選することがほぼ確定しています。



 実際の希望者は少ない

希望者5人。倍率5倍。

公式にはそう見えても、本当の応募者(お客さん)は、2人くらいしかいません。

残り3人はダミー登録だったりするのです。


ダミー登録をした3人は、不動産会社の息のかかった人間です。

ダミーが当選したら、「都合によりキャンセル」ということにして、

当選させたい応募者(優良なお客さん)に、権利を譲るのです(笑)

(倍率5倍、当たる確立1/5に見えて、実は倍率1.2倍、当たる確率4/5。)


当選させたい応募者が、会場に来てなければ、

「おめでとうございます!!当選しました!!」と知らせます。


会場に来ていた場合は後日、‘偶然キャンセル’が出たと知らせます。

「当選した方がキャンセルしたので、あなたに権利が回ってきました!」



 当選する人間は、抽選前にほぼ決まっている

お金持ちのVIPはダミーを不自然なくらい投入し、必ず当選させます。

ローンをきちんと完済してくれそうな方や、長期間住んでくれそうな方も、

営業マンが、ダミー登録を使って優先的に当選させます!


冷やかしや、クレーマーには売りたくないので、

そういった方は、ダミー登録を使って除外します。


[追伸] 当選する自信が無い方は、当選しやすくなるテクニックがありますので、

興味のある場合はチェックしてみてください。

         

マンション業界の真実

関連エントリー

公開抽選の裏側。
公開抽選に当たりやすくなるテクニック
工期が短いと、こんな不都合が起こります。
3月入居のマンションは危険?