Top >  マンションの耐震チェック >  地盤が良い=地震に強い

地盤が良い=地震に強い

強固な地盤=地震に強いマンションです。
マンションの耐震強度より、地盤の強度を重視しましょう。



 地盤が強ければ、地震に強い

地盤が強い場所に建っているマンションは、かなりオススメです。

マンションは安心を買うものですからね。


元々、マンションは他の建物と比べ地震には強く、倒壊することは少ないですし。

支持層(建物を支える地盤)がしっかりした場所に建設されたマンションは、

かなり安全だと断言できます。



 地盤が弱いとどうなるか?

地盤が弱い場所に建ったマンションは、避けましょう。
建物は無事であっても、人は住めない状態になるケースが多いのです。

地盤が弱い場所(埋立地など)は、大地震が来ると液状化が起こります。

すると、道路・鉄道・水道・ガス・電気などのライフラインが壊滅します。

液状化は、時間が経つと元通りになりますが、

ライフラインの復旧工事には、かなりの時間がかかりますので、
最悪、人が住めなくなります。


※建物自体は倒壊しません。
マンションは、支持層まで杭を打ち込んで建物を支えますので、
表面の地盤が液状化しても建物は無事です。



 まとめ

地盤が良い場所に建設されたマンションを選択しましょう。

マンションの耐震強度は、地盤によって大きく左右されます。

         

マンションの耐震チェック

関連エントリー

マンションは人命を守る建物。
地盤の良し悪しの見分け方 その2
地盤の良し悪しの見分け方 その1
地盤が良い=地震に強い