Top >  マンション業界の真実 >  3月入居のマンションは危険?

3月入居のマンションは危険?

3月入居のマンションには、欠陥マンションが他の月より増えるのです。

いいマンションも沢山ありますが、3月入居マンションは注意が必要です。



 3月入居マンションと突貫工事

3月という月は、新生活が始まる目前で、引越しが増加します。

不動産会社の決算時期のため、営業マンも猛烈に売ります。


マンションの契約数が急増する月なので、
無理な工事をしてでも、マンションを完成させたいのです。



 職人不足と短い工期

3月は、あちこちで仕事があるため、全体的に職人が不足します。

工期も短いため、深夜まで作業が続くこともあります。


条件はあまりよ良くありません。

ミスも増えます。仕上がりも悪くなります。施行精度が落ちます。


3月に入居開始!!と決定しているため、

施行精度を無視して、とにかく完成させることが目的となります。


※もちろん、3月入居マンションでもいいマンションは沢山あります。

ただ、突貫工事の欠陥マンションが増える月でもあります。注意しましょう。

         

マンション業界の真実

関連エントリー

公開抽選の裏側。
公開抽選に当たりやすくなるテクニック
工期が短いと、こんな不都合が起こります。
3月入居のマンションは危険?