Top >  購入前のチェクポイント >  自分のライフスタイルを想定する

自分のライフスタイルを想定する

マンション購入の前に、自分のライフスタイルを想定しましょう。

あなたがマンションを買う目的や、使い方をはっきりさせておくのです。



 人それぞれ。用途は違う

マンション購入といっても、人それぞれ全く用途が異なるものです。

まずやることは、設定を決めることです。

子供優先なのか?
仕事優先なのか?
夫婦二人で静かに暮らすのか?

この先、子供と一緒に住むのか?
いずれ子供が大きくなって巣立つのか?一緒に住めるのか?


自分のライフスタイルを明確にすると、欲しいマンション像が見えてきます。


 あなたの目的をはっきりさせよう

例えば、子供優先でしたら、交通の便より周囲の環境。安全性。

例えば、仕事優先で寝るだけなら、交通の便優先。

例えば、夫婦二人だけなら、静かな住宅街の小さめのマンションへ。


自分の目的をはっきりさせると、
どんなマンションを選ぶべきか、具体的になります。


それでは、細かく見ていきましょう。


 子供優先の場合

家族で住むなら、駅から離れたほうがいいのです。

覚えておいてほしいのは、駅から離れた場所は、いい住宅地なのです。

逆に、便がいい場所は、住む場所としてはあまり適していません。

極端な例ですが、新宿2丁目に住みたいですか?

知らない人が大勢いる場所で、子供を遊ばせたいですか?という話です。


子供優先で、家族で住む家でしたら、駅から離れた住宅街が適しています。

小学校もありますし、周りの人の顔も知っています。

家族で住む家でしたら、駅から離れた場所が適しています。



 仕事優先の場合

仕事優先であれば、駅から近い場所。つまり便を優先させましょう。


仕事優先であれば、マンションですることは寝るだけ(笑)

オフィスにする場合でも、あまり環境にこだわる必要はありません。

出勤に有利だったり、すぐに人に会えたりするので、駅の近くが適しています。



 夫婦二人の場合

夫婦二人で暮らすマンションは、小さくても問題ありません

子供が家を出た後、夫婦二人で過ごす家でしたら、

4LDKのマンションなどは、必要ないわけです。

それと、年齢を重ねれば足も弱ってきますので、駅から離れすぎるのも考えもの。


自分のライフスタイルを明確にすると、条件を絞ることができます。

         

購入前のチェクポイント

関連エントリー

土地の歴史が古いとこを探せ
そのマンションは借地権か?
あまり安い物件には注意。
管理会社はしっかりしているか?
住宅性能評価は取得されているか?
自分のライフスタイルを想定する
その場所の用途地域はどうなっているか?
立地はどうか
買うのは男性。住むのは女性。