Top >  当サイト使用の専門用語の解説 >  団体信用生命保険

団体信用生命保険

団体信用生命保険とは、
ローンを組んだ人間が死亡した後、ローンが無効になる保険です。

ローンを組んだ人間が死亡した後、家族を守るための保険なのです。



 死亡した場合、借金は無効

住宅ローンを契約した人間が、万が一死亡した場合。

保険会社から保険金が支払われ、
残された家族の返済義務は無くなります。


団体信用生命保険に加入しておけば、遺族にローンは残りません。


※ちなみに、ローンの支払い義務が消滅した後、
家はそのまま貰えます。



 住宅ローン契約時に加入します

ローンを組んだ銀行から話があると思いますが、

住宅ローンと、セットで加入する生命保険です。

         

当サイト使用の専門用語の解説

関連エントリー

液状化
団体信用生命保険
重要事項説明書
修繕積立費