Top >  購入前のチェクポイント >  立地はどうか

立地はどうか

良い立地を見分けるための、5つの評価基準を紹介します。

ここで言う「良い立地」とは、
マンション売却時に有利になる。

そういった意味での「良い立地」です。

値崩れしずらく、高値が付くマンションを選ぶとき、参考になります。



 評価基準その1 最寄駅

最寄駅は、不動産価格に大きく影響します。

その駅の人気、治安、評判、交通の便などが、
価格にダイレクトに響くのです。


例えば、不動産のチラシを見ていて、

「最寄駅○○駅」という部分は気になりませんか?

最寄駅が良いと、マンション価格も上がります。



 評価基準その2 徒歩○分

徒歩10分以内のマンションは、高値が付きます。

※住宅街(ファミリー向け物件)としての住み易さなら、
駅から離れたほうが良いのですが(^^;)

マンション価格が高値になるのは、
駅から近い場所なのです。



 評価基準その3 買い物が便利

スーパーや、コンビニ、ショッピングセンターなど。

日用品を買い足せる場所が近くにあると、物件価値が上昇します。


 評価基準その4 地名・住所

マンションが建設された地名。
それだけで、不動産価格が変動します。

地名にもブランドがありますので、影響力が大きいのです。


また、住所によっては「学区」も変わってきます。

人気の学区ですと、ファミリー向け物件の価格が上がりますし。

事件の多発する学区は敬遠され、価格が下がります。



 評価基準その5 用途地域

その土地の用途地域もチェックしておきましょう。


規制が少なく、高い建物も建て放題の商業地域の場合。

そこにあるファミリー物件は、価値がダウンします。


逆に単身者向けの、シングルマンションなら、

商業地域でもあまり関係ありません。

むしろ、駅から近いというメリットがあるので、高値が付くわけです。

用地地域と、物件の目的がマッチしているかどうかは、
必ずチェックしておきましょう。売るときに影響しますので。



 「立地の良さ」 まとめ

以上、5つの評価基準を頭の片隅にいれておくだけでも、

「良い立地」を見分けられるようになります。

基本的なことばかりですが。土地の価格が決まる重要なポイントです。


全ての条件を満たしている必要はありませんが、

条件を多く満たしている物件は、売るときに有利になります。

         

購入前のチェクポイント

関連エントリー

土地の歴史が古いとこを探せ
そのマンションは借地権か?
あまり安い物件には注意。
管理会社はしっかりしているか?
住宅性能評価は取得されているか?
自分のライフスタイルを想定する
その場所の用途地域はどうなっているか?
立地はどうか
買うのは男性。住むのは女性。