Top >  マンション購入後 >  もし自分が死んでしまったら。

もし自分が死んでしまったら。

人の一生はいつ終わるかわからないのも事実です。

そんなとき、残された家族は
ローンを払い続けなくてはいけないのか?


家族にローンを残さないために、
団体信用生命保険というものがあります。



 自分が死ぬとローンはちゃら。

住宅ローン契約時に、
団体信用生命保険に加入していた場合。

ローンを組んだ人間が死亡すると、
ローン(借金)はちゃらになります。


保険会社から保険金が支払われ、残された家族の返済義務はなくなります。

※ちなみに、ローンの支払い義務が消滅した後、家はそのまま貰えます。



 死亡するケースも実際にあります

私(マンションキラー)が仲間の営業に聞いた話ですが、

ローンを組んで2年後に死んでしまったお客様が、実際に居たと聞きます。

※もちろんローン(借金)は帳消しになりましたが。


自分が死亡するケースなど、考えたくは無いでしょうが。

「もしも」のケースがあったとしても、家族に借金は残りません。

団体信用生命保険は必ず加入しましょう!

         

マンション購入後

関連エントリー

もし自分が死んでしまったら。
ローンが払えなくなった・・・。